おくやみ:マイケル・ポランニー氏

ハンガリーの物理化学者・社会科学者・科学哲学者
1976年 2月22日 没 享年84

略歴

マイケル・ポランニー(英: Michael Polanyi ハンガリー語: Polányi,Mihály(ポラーニ・ミハーイ), 1891年3月11日 - 1976年2月22日)は、ハンガリー出身の物理化学者・社会科学者・科学哲学者。日本語での表記にはマイケル・ポラニーなどがある。暗黙知・層の理論・創発・境界条件と境界制御・諸細目の統合と包括的全体、等の概念を1950年代に提示した。 1891年、ブダペスト生まれ。 1908年、ミンタ・ギムナジウムを首席で卒業。 1912年、4月~6月カールスルーエ大学にブレディッヒ教授を頼って遊学。化学への関心を深めた。 1913年、ブダペスト大学卒業。医学博士号取得。 1917年、ブダペスト大学から化学博士号を取得。 1914年、再びカールスルーエ大学に移籍するが、このとき第一次世界大戦勃発。既にこの頃アルベルト・アインシュタインと文通をしていた。 1917年、最初の恋人、スイス人ジャネットと別れた。 1919年、後の夫人マグダ・ケミニーと出会う。 1920年、ベルリンのカイザー・ヴィルヘルム研究所へ。Wikipediaより