おくやみ:ジャン・ギャバン氏

フランスの映画俳優
1904年 5月17日 没 享年72 心不全により死去

略歴

ジャン・ギャバン(Jean Gabin、1904年5月17日 - 1976年11月15日)は、フランスの映画俳優。歌手としても活躍した。 往時のフランス映画を代表する名優で、深みのある演技と渋い容貌で絶大な人気を得た。中でも食事をする芝居が上手く、日本の映画俳優である高倉健はギャバンを好きな俳優に挙げており、食事の芝居はギャバンを見て勉強したと語っている。 来歴・人物 1904年、パリに生まれる。ギャバンの父はミュージック・ホールの役者、母は歌手であり、ギャバンも自然に芝居の道へ入った。場末のミュージック・ホールで主に活動し、この時期に演技はもちろん、歌についても相当の修練を経ている。 1930年、『メフィスト』ではじめて映画に出演。しばらく鳴かず飛ばずの状態だったが、1935年にジュリアン・デュヴィヴィエが監督となった『地の果てを行く』に出演し、これで当りをとった。以降デュヴィヴィエとのコンビで『ゴルゴダの丘』『我等の仲間』『望鄕』に出演。ことに『望鄕』によってギャバンはその名声を不動のものとする(この映画のなかでギャバンはシャンソンを実際に歌っていて、ミュージック・ホール時代の面影を彷彿とさせる)。Wikipediaより