おくやみ:吉村よう氏

声優、劇団青年座に所属
1991年 11月27日 没 享年37 くも膜下出血により死去

略歴

吉村 よう(よしむら よう、本名・旧芸名:吉村 傭 1954年7月10日 - 1991年11月27日)は日本の男性俳優、声優。劇団青年座に所属していた。京都府出身。 主として外国テレビドラマやテレビアニメーションの脇役での声優出演が中心だったが、『ついでにとんちんかん』では主人公である間抜作の役を個性的な声でつとめこれが代表作になった。原作者のえんどコイチがアフレコを見学した際、「目の前に抜作先生がいる」と絶賛したほどのあたり役だった。 ディズニー作品であるくまのプーさんのブエナ・ビスタ版で最初にプーさんの声を担当していた。2話以降も担当予定だったが、スケジュールの関係で一時的にあとに2代目に就任する八代駿に交代、その後スケジュール調節も完了したため16話で復帰するも、その直後にクモ膜下出血発症による闘病・入院のため即降板、しかし復帰虚しく死去、そのまま八代が担当していた。Wikipediaより