おくやみ:野尻抱影氏

随筆家
1977年 10月30日 没 享年91

略歴

野尻 抱影(のじり ほうえい、本名・正英(まさふさ)、1885年11月15日 - 1977年10月30日)は日本の英文学者、随筆家、天文民俗学者。早稲田大学文学部英文学科卒業。準惑星である冥王星の和訳命名者。 古今東西の星座・星名を調べ上げたことから 「和製アレン」 とでも言うべき存在でもあった。とくに、星の和名の収集研究で知られる。日本各地の科学館やプラネタリウムで行われる、星座とその伝説の解説には、野尻の著作が引用されることが多い。若くして文学に興味を持ち、小泉八雲に傾倒した。星の和名の収集を始めたのは40歳を過ぎてからであった。 「抱影」という雅号は、早稲田大学文学部在学中、文芸誌「白百合」に作品を掲載するにあたり前田林外が金剛経の一節「夢幻泡影」から考案し、岩野泡鳴、相馬御風と相談して決めたものである。 略年表 1885年11月 - 神奈川県横浜市に生まれた。 1903年 - 神奈川県立第一中学校卒業。 1906年 - 早稲田大学文学部英文学科卒業。学生時代、小泉八雲の指導を受ける。若い頃彼は、英語の怪談、幽霊、心霊に関する書籍の翻訳もし出版。Wikipediaより