おくやみ:チャーリー・チャップリン氏

喜劇俳優
1977年 12月25日 没 享年88

略歴

“チャーリー”サー・チャールズ・スペンサー・チャップリン(Sir Charles Spencer "Charlie" Chaplin, KBE、1889年4月16日 - 1977年12月25日)は、イギリス出身の映画俳優、映画監督、コメディアン、脚本家、映画プロデューサー、作曲家である。左利き。 生涯 映画の黎明期において、数々の傑作コメディ映画を作り上げ、「喜劇王」の異名をもつ。同年代に活躍したコメディアン、バスター・キートンやハロルド・ロイドと並び、「世界の三大喜劇王」と呼ばれる。チャップリンは、ハリウッドにおいて極めてマルチな才能を示した人物であり、徹底した完璧主義で知られていた。依然多くのファンを獲得する不世出の天才であるが、その作品には毒性もあり、ユーモアの陰に鋭い社会諷刺、下町に生きる庶民の哀愁や怒り、涙までも描かれているため、純粋に笑いのみを追求する他のコメディアンとは一線を画す存在であることは特筆すべきである。Wikipediaより

訃報

喜劇王の最期1975年には、それまでの活動を評価されエリザベス2世よりナイトに叙され“サー・チャールズ”となった。しかし、思想や女性問題で叙勲がかなり遅れたことが分かっている。1977年のクリスマスの朝に、スイス・ヴェヴェイの自宅で没した。88歳だった。死後、金銭目的で墓から遺体が持ち出される事件があったが、遺体は墓の近くのトウモロコシ畑で発見された。レマン湖畔には銅像が建てられている。

チャーリー・チャップリン - Wikipediaより