おくやみ:ゲイリー・ギルモア氏

アメリカの死刑囚
1977年 1月17日 没 享年36 死刑により死去

略歴

ゲイリー・マーク・ギルモア(Gary Mark Gilmore、1940年12月4日 - 1977年1月17日)は、アメリカの犯罪者、元死刑囚。1976年に弁護士を通じて死刑を要求し全米から注目されるなか執行される。当時、死刑の廃止の潮流にあったアメリカの流れを変えるきっかけになった。 生涯 1940年、テキサス州ウェーコに四人兄弟の次男として生まれる。両親は不仲で家庭内暴力が絶えない環境で成長する。10歳で盗みを始めて犯罪をしては逮捕されるのを繰り返した。高い知能と絵の才能があったにもかかわらず感化院、州刑務所、連邦刑務所と人生の半分以上を塀の中で過ごす。獄中でも凶暴で独房に頻繁に放り込まれ他の囚人に重傷を負わせたこともあった。強盗罪で有罪となり、11年の刑期を終えた1976年4月に出所後、ユタ州オレゴンに住む。そこで恋人と同棲を始めるが、またしても盗みを繰り返したため愛想を尽かされて出て行かれてしまう。 7月19日、鬱憤が溜まって町をドライブしていた時、衝動的にガソリンスタンドを襲い強盗を働いた後、店員を射殺した。Wikipediaより