おくやみ:森田たま氏

随筆家、参院議員
1970年 10月30日 没 享年75 尿毒症により死去

略歴

森田 たま(もりた たま、1894年12月19日 - 1970年10月30日)は随筆家。 元参議院議員(1期)。長女はデザイナーの森田麗子。
1894年 - 札幌市に生まれる。本姓村岡。父は運送会社経営。
1909年 - 病気のため札幌高等女学校中退。
1911年 - 「少女世界」への投書がきっかけで、編集長に勧められ上京、少女小説を発表しはじめる。文学を志すことを条件に養子縁組に承諾。
1913年 - 森田草平に師事。「片瀬まで」が小宮豊隆の推薦で「新世紀」に掲載される。東京に出ていた女学校時代の教頭に心理学を学ぶ。
1914年 - 茅ヶ崎で自殺未遂。
1916年 - 婿養子と別れ、慶應義塾塾生森田七郎と結婚。
1923年 - 関東大震災に遭い、夫の郷里大阪に移る。
1932年 - 随筆「着物・好色」が森田草平の推薦で嶋中雄作の目に止り、「中央公論」に掲載されて再デビュー。ふたたび上京。
Wikipediaより