おくやみ:森田必勝氏

三島由紀夫の「楯の会」の一員
1970年 11月25日 没 享年25 割腹自殺により死去

略歴

森田 必勝(もりた まさかつ、1945年(昭和20年)7月25日 - 1970年(昭和45年)11月25日)は、日本の政治活動家。三島由紀夫が結成した「楯の会」の第二代学生長。三島と共に、憲法改正のための自衛隊の決起(クーデター)を呼びかけた後に割腹自殺をした青年である(詳細は三島事件を参照)。 三島由紀夫の単なる伴走者や主従関係の「従」ではなく、むしろ森田必勝が「主」で、引っ張っていったのではないか、という見解もしばしば見受けられる。 生涯 生い立ち 1945年(昭和20年)7月25日、三重県四日市市大治田町905番地(現・大治田2丁目7-21)に、父・森田和吉と母・たまの間に次男として誕生。父・和吉は、市内の国民学校・内部小学校の校長をし、母・たまは女学校の代用教員をしていた。 四日市が米軍のB29爆撃機による大空襲に見舞われ、防空壕に逃げ惑う日々の中で生まれた男児に両親は、日本は「必(まさ)に勝つべし」という願いを込めて「必勝」と名づけた。Wikipediaより

訃報

三島由紀夫と森田必勝三島との出会いは、同年6月19日銀座の喫茶店「ビクトリア」で行われた三島と早大国防部との会見においてだと言われるが、詳細は不明。『禁色』の美青年南悠一のモデルとなった実在の男性(戦後の一時期、三島と同性愛関係にあった)と森田が瓜二つだったという証言もある(木村徳三『文芸編集者 その跫音』TBSブリタニカ、1982年)。同年7月2日から一週間にわたって、三島と共に陸上自衛隊北恵庭駐屯地へ体………

森田必勝 - Wikipediaより