おくやみ:シャルル・ド・ゴール氏

フランス第五共和政初代大統領
1970年 11月9日 没 享年79 解離性大動脈瘤破裂により死去

略歴

シャルル・アンドレ・ジョゼフ・ピエール=マリ・ド・ゴール(Charles André Joseph Pierre-Marie de Gaulle、1890年11月22日 - 1970年11月9日)は、フランスの陸軍軍人、政治家。フランス第18代大統領。第二次世界大戦においては本国失陥後ロンドンに亡命政府・自由フランスを樹立し、レジスタンスとともに大戦を戦い抜いた。戦後すぐに首相に就任した後、1959年には大統領に就任して第五共和政を開始し、アルジェリア戦争によって混乱に陥っていたフランスを立て直した。 生い立ち ド・ゴールはイエズス会学院の校長(歴史科を教えていた)を務める父アンリの子として、フランス北部の工業都市リールに生まれた。 ド・ゴールの家系は下級貴族である。「ド・ゴール (de Gaulle)」の「ド」(de) は本来は前置詞で、「ゴール(ガリア)公」「ゴール卿」といった意味を持つ。ド・ゴール家の場合は名字の一部と見なされている。 ド・ゴールの曽祖父はルイ16世の法律顧問をしており、フランス革命時に投獄されている。Wikipediaより

訃報

引退後辞任後は地方の山村コロンベ・レ・ドゥ・セグリーズに住居を移し執筆活動に専念し、翌1970年11月に解離性大動脈瘤破裂により79歳で没した。そして『希望の回想』と題された回想録が未完で残された。遺言書には、「国葬は不要。勲章等は一切辞退。葬儀はコロンベで、家族の手により簡素に行うように」と記されていたが、フランス政府の希望もあり、結局国葬が執り行われた。墓地は希望通りコロンベ・レ・ドゥ・セグリーズ………

シャルル・ド・ゴール - Wikipediaより