おくやみ:土井辰雄氏

カトリック枢機卿、洗礼名はペトロ
1970年 2月21日 没 享年77

略歴

土井 辰雄(どい たつお、1892年12月22日 - 1970年2月21日)は、大正時代から昭和時代にかけて活躍した日本のカトリック教会司教。洗礼名は「ペトロ」。カトリック東京大司教区の初代邦人大司教となり、日本人で初めて枢機卿に任ぜられた。 生涯 宮城県仙台市出身。1902年4月21日に洗礼を受ける。仙台第一中学(現・宮城県仙台第一高等学校)・第二高等学校(旧制)卒業後、ローマのウルバノ大学に留学し、神学・哲学の学位を得て帰国。1921年5月1日に司祭叙階。宮城県、岩手県の教会にて司牧活動の後、在京ローマ教皇使節秘書を務めていた。 パリ外国宣教会によって司牧されていた東京大司教区が1937年に邦人教区として独立した時、初代邦人大司教として東京教区長に任命され、1938年2月13日にジャン・アレキシス・シャンボン大司教の手により司教叙階を受けた。その後、日本天主公教団の代表者として第二次世界大戦下の国内のカトリック教会をまとめ、迫害から守ることに力を尽くした。Wikipediaより