おくやみ:アレクサンドル・ケレンスキー氏

ロシアの政治家、ロシア革命の指導者の1人
1970年 6月11日 没 享年89

略歴

アレクサンドル・フョードロヴィチ・ケレンスキー(アレクサーンドル・フョードロヴィチ・ケーレンスキイ;ロシア語: Алекса́ндр Фёдорович Ке́ренский、Aleksandr Fyodorovich Kerenskii、アリクサーンドル・フョーダラヴィチ・キェーリェンスキイ、1881年4月22日(ロシア旧暦、グレゴリオ暦では5月2日) - 1970年6月11日)は、ロシアの政治家。ロシア革命の指導者の1人で、臨時政府大臣会議議長(首相)を務めた。社会革命党党員。 生い立ち ロシアのシンビルスク(今のウリヤノフスク)に生まれる。父フョードルはシンビルスク古典中高等学校の校長であったが、その生徒の中にウラジーミル・ウリヤーノフ(後のレーニン)がいたことは歴史上の皮肉と言っていいであろう(レーニンの兄アレクサンドル・ウリヤノフの処刑後も、彼はウラジーミルを擁護していた)。Wikipediaより

訃報

10月上旬フィンランドから帰還したレーニンは、ボリシェヴィキに臨時政府の打倒を呼びかけた。これを聞いたケレンスキーは10月24日早朝に、士官学校生徒などを用いてボリシェヴィキの機関誌印刷所などを襲撃させた。しかしトロツキー率いる赤軍はこれに直ちに反応し、印刷所を回復、郵便局、発電所、銀行を占領した。情勢の不利を悟ったケレンスキーはペテルブルクを脱出、彼はこの時女装し、アメリカ国旗がはためく車に乗って………

アレクサンドル・ケレンスキー - Wikipediaより