おくやみ:ジャクソン・ポロック氏

画家、アクション・ペインティングおよび抽象表現主義で有名
1956年 8月11日 没 享年44 交通事故により死去

略歴

ジャクソン・ポロック(Jackson Pollock, 1912年1月28日 - 1956年8月11日)は、20世紀のアメリカの画家。 抽象表現主義(ニューヨーク派)の代表的な画家であり、彼の画法はアクション・ペインティングとも呼ばれた。抽象表現主義の画家たちの活躍により、1950年ごろから美術の中心地はパリではなくニューヨークであると考えられるようになった。 生い立ち 1912年、ワイオミング州コーディに生まれた。1928年、ロサンゼルスのマニュアル・アーツ・ハイスクールに学び、1930年からニューヨークのアート・スチューデンツ・リーグでも学んだ。ここで当時全盛だったアメリカン・シーン派(地方主義)の画家トーマス・ハート・ベンソンの指導を受けた。1935年から1942年にかけて、WPA(公共事業促進局)の連邦美術計画の仕事をした。これは、ニューディール政策の一環として、新進の画家に公共建築の壁画や作品設置などを委嘱したもので、マーク・ロスコ、ウィレム・デ・クーニングなど、のちに有名になる若い画家たちが参加した。Wikipediaより

訃報

1950年代にはいると、アメリカを代表する芸術界の有名人と化してしまったこと、飲酒癖の再発や、絵画の手法への更なる疑問から、次第に低迷期に入った。黒いエナメル一色のドリッピングや、人体やトーテムなど具象的な画題の復活、さらにふたたび色とりどりの抽象に戻るなど模索を繰り返していた。そんな折の1956年8月11日、若い愛人やその友人と飲酒したあと猛スピードで道路を飛ばしていたポロックは、木立に激突する自動車事………

ジャクソン・ポロック - Wikipediaより