おくやみ:アラン・ロブ=グリエ氏

フランスの作家
2008年 2月18日 没 享年85

略歴

アラン・ロブ=グリエ(Alain Robbe-Grillet、1922年8月18日 - 2008年2月18日)は、フランスの小説家・映画監督。ヌーヴォー・ロマンの代表的作家とされる。 ブレスト郊外のキルビニヨンに生まれる。地元で初等・中等教育をうけたのち、パリのリセ・ビュッフォンに転校。1941年に国立農業技術専門学校に入学、在学中にドイツ軍に徴用され、ニュルンベルクの工場で強制労働に従事する。戦後1946年に専門学校を卒業。農業技師として国立統計経済研究所、ボア・ブルダンにあった姉の研究所での勤めを経て、1949年に植民地果実柑橘類研究所のバナナ農場監督官となり、1951年までの間にギニア、西インド諸島、マルチニック、グアドループを監察してまわる。 1949年、最初の小説『弑逆者』を書き上げるが、これは1978年になるまで発表されなかった。1951年、帰国の船上で『消しゴム』を執筆。同年『クリティック』誌11月号に書評を寄稿。1953年、デビュー作『消しゴム』をエディシヨン・ド・ミニュイ社から出版、フェネオン賞を受賞するとともにロラン・バルトによって絶賛される(「対物的文学」)。Wikipediaより

訃報

アラン・ロブグリエ氏(フランスの作家)フランスのメディアによると、心臓疾患で入院中の18日、死去、85歳。22年生まれ。50年代以降、伝統的な小説の形式を否定し、革新的な表現を探求したヌーボー・ロマンの旗手。50年代から本格的な著作活動に入り「消しゴム」「覗くひと」「嫉妬」などを発表して頭角を現した。他の代表作に「迷路のなかで」「ニューヨーク革命計画」など。

A・ロブグリエ氏死去 フランスの作家より