おくやみ:田中徳三氏

映画監督
2007年 12月20日 没 享年87 脳出血により死去

略歴

田中 徳三(たなか とくぞう、1920年9月15日 - 2007年12月20日)は、日本の映画監督である。関西学院大学文学部卒業。大阪市東区(現・中央区)船場出身。 生涯 1920年9月15日、大阪市東区(現・中央区)船場に生まれる。 関西学院大学文学部在学中に徴兵(大学は繰り上げ卒業)され、スマトラ島で終戦を迎えた。1年間捕虜生活を送った後、1946年に帰国、1948年、朝日新聞記者だった兄の勧めで助監督として大映京都撮影所に入社。溝口健二、市川崑、吉村公三郎、伊藤大輔、森一生らの下でチーフ助監督を務めた後、1958年に『化け猫御用だ』で監督デビュー。この時、市川崑が新人監督のために台本を書いていることを知った田中は自分に回ってくることを期待したが回ってきたのが『化け猫御用だ』と知り、落胆したという。 その後勝新太郎主演の「悪名」シリーズ、市川雷蔵主演の「眠狂四郎」シリーズ(市川雷蔵主演の『眠狂四郎』を企画したのは田中である)、田宮二郎主演の「犬」シリーズなどの人気作のメガホンを取った。Wikipediaより

訃報

 田中徳三氏(たなか・とくぞう=映画監督) 20日、脳出血のため死去、87歳。自宅は非公表。葬儀・告別式は親族のみで行い、後日「偲ぶ会」を開く予定。連絡先はシネ・ヌーヴォ((電)06・6582・1416)。 溝口健二、黒澤明監督らの助監督を経て、映画「悪名」「眠狂四郎」「座頭市」「兵隊やくざ」シリーズの監督やテレビの演出などを手掛けた。今年夏の短編映画「田中徳三監督 少年河内音頭取り物語」が………

田中徳三氏(映画監督) より