おくやみ:灰谷健次郎氏

児童文学作家
2006年 11月23日 没 享年72 食道がんにより死去

略歴

灰谷健次郎(はいたに けんじろう、1934年〈昭和9年〉10月31日 - 2006年〈平成18年〉11月23日)は、日本の児童文学作家。 兵庫県神戸市の貧しい家庭に生まれ、働きながら定時制高校商業科を卒業。大阪学芸大学(現・大阪教育大学)学芸学部卒業後、小学校教師を務める傍ら児童詩誌『きりん』の編集に携わる。なお、教師時代の教え子に歌手のもんたよしのりがいる。 1962年(昭和37年)、小説『笑いの影』を部落解放同盟から差別小説とされて糾弾を受ける(後述)。その後、1967年(昭和42年)に長兄の自殺、1968年(昭和43年)には実母の死去という事件が重なり、自分が教師であることの意味を見失い、1971年(昭和46年)に、17年間勤めた小学校教師を退職し、沖縄やアジア各地を放浪。1974年(昭和49年)『兎の眼』で児童文壇にデビューする。「兎の眼」はミリオンセラーとなった。 その後「太陽の子」も50万部を超えている。 2006年(平成18年)11月23日、食道がんのため静岡県内の病院で死去。Wikipediaより

訃報

 「兎(うさぎ)の眼」「太陽の子」など、ひたむきに生きる子どもの姿や優しく見守る周囲の人間模様を描いた児童文学作家の灰谷健次郎さんが23日午前4時半、食道がんのため静岡県長泉町の静岡がんセンターで死亡した。72歳だった。全国で問題になっているいじめについても「子どもではなく、大人が悪い」ともらしていたという。灰谷さんの遺言で喪主はおかず、葬儀・告別式も行わない。

灰谷健次郎さん(児童文学作家)が食道がんのため死去より