おくやみ:深沢七郎氏

作家
1987年 8月18日 没 享年73 心不全により死去

略歴

深沢 七郎(ふかざわ しちろう、1914年〈大正3年〉1月29日 - 1987年〈昭和62年〉8月18日) は、日本の小説家、ギタリスト。 来歴・人物 山梨県東八代郡石和町(現笛吹市石和町)に生まれる。旧制日川中学校(現山梨県立日川高等学校)卒業。中学の頃からギターに熱中し、ギタリストとなる。1923年(大正12年)9月1日には京浜地方を中心に関東大震災が発生している。関東大震災は山梨県においても被害があり、深沢も生家で体験し、後に『庶民烈伝』において回想している。1954年(昭和29年)、「桃原青二」の芸名で日劇ミュージックホールに出演した。 1956年(昭和31年)に姨捨山をテーマにした『楢山節考』を中央公論新人賞に応募、第1回受賞作となった。三島由紀夫らが激賞して、ベストセラーになった。また、戦国時代の甲州の農民を描いた『笛吹川』も評判になった。しかし一度も芥川賞候補になっていない。 1960年末に『中央公論』に発表した『風流夢譚』では、皇室を侮辱していると受け取れるような内容を描いたため、翌年、中央公論社社長宅が右翼に襲撃される嶋中事件(風流夢譚事件)が起こった。Wikipediaより