おくやみ:野溝七生子氏

作家、比較文学者
1987年 2月12日 没 享年90 心不全により死去

略歴

野溝 七生子(のみぞ なおこ、1897年(明治30年)1月2日- 1987年(昭和62年)2月12日)は小説家・比較文学者。兵庫県姫路市出身。
父は陸軍軍人。父の赴任先である鳥取・金沢・丸亀・大分で育つ。
同志社女子大学 同志社女学校英文科専門部予科在学中、辻潤・宮島資夫と知合う。彼らは野溝をハウプトマン『沈鐘』(泉鏡花『夜叉ヶ池』の元ネタと言われる)のラウテンデラインに因んで「ラウ」と呼んだ。
卒業後、東洋大学専門学部文化学科で西洋哲学を学ぶ。
1923年 - 『山梔』(くちなし)を「福岡日日新聞」懸賞小説に応募。
1924年 - 文化学科第1回生として卒業。1年間、研究生としてドイツ文学を学ぶ。島崎藤村・田山花袋・徳田秋声の選で『山梔』が「福岡日日新聞」懸賞小説特選となり、同紙に連載。独逸語専修科中退。
Wikipediaより