おくやみ:円地文子氏

作家
1986年 11月12日 没 享年81 急性心不全により死去

略歴

円地 文子(えんち ふみこ、1905年(明治38年)10月2日 - 1986年(昭和61年)11月14日)は、日本の小説家。本名は圓地 富美(えんち ふみ)。 来歴・人物 東京府東京市浅草区向柳原(現在の東京都台東区浅草橋)出身。日本女子大学付属高等女学校(現在の日本女子大学附属高等学校)4年次中退。東京大学国語学教授上田萬年の次女。夫は『東京日日新聞』の記者だった円地与志松。当時世間的には与志松のほうが有名だった。一人娘に素子がいる。 幼少時より病弱で、「病気の問屋」の異名をとったこともあった。学校も欠席しがちだったことから中退し、その後は父などから個人教授を受け、戯曲及び古典日本文学に深い関心を持つようになった。はじめ劇作家として小山内薫の薫陶を受けたが、処女作上演の記念パーティーの席上でその小山内が倒れて死去している。デビュー作の成功の後劇作家としての成功を収めるが、その後また数々の病気に見舞われる。小説家としては、当初評価されず苦労した。代表作『女坂』は戦時中に刊行されているが、戦後は少女小説、通俗小説などを生活のために多く書き、1960年代からようやく評価されるようになる。Wikipediaより