おくやみ:樺美智子氏

東京大学の学生、安保闘争で死亡した最初の大学生
1960年 6月15日 没 享年22

略歴

樺 美智子(かんば みちこ、1937年11月8日 - 1960年6月15日)は、学生運動家。安保闘争で死亡した東京大学の女子学生。 曽祖父は鳥取県出身の数学者で、数学教育近代化の先駆的役割を果たした樺正董。父は神戸大学教授、中央大学教授、東京外国語大学教授などをつとめた社会学者の樺俊雄。 東京に生まれた。2人の兄がいる。中学から父の神戸大学赴任にともない兵庫県の芦屋に移る。 芦屋市立山手中学校、兵庫県立神戸高等学校を卒業後、一浪して研数学館へ通ったのち、1957年に東京大学文科二類に入学(同級生には歴史学者の長崎暢子などがいる)。 1957年11月の誕生日に日本共産党に入党した。その後共産主義者同盟(ブント)の活動家(書記局員)として1960年の安保闘争に参加する。なお、高木正幸は樺がブント創設以来の活動家であったことを自著で紹介している。76名が検挙された1960年1月26日の全学連羽田空港占拠事件の時に検挙され拘置所に入った事があるがこの時は不起訴処分となっていた(東京大学文学部自治会副委員長として参加している)。Wikipediaより