おくやみ:細川隆元氏

政治家評論家
1994年 12月19日 没 享年94 脳梗塞により死去

略歴

細川 隆元(ほそかわ りゅうげん、本名の読みは(たかちか)、1900年1月17日 - 1994年12月19日)は、日本の政治評論家・衆議院議員。熊本県熊本市出身。 プロフィール 中学濟々黌、旧制第五高等学校(現熊本大学)を経て1923年、東京帝国大学法学部を卒業、同年朝日新聞社に入社する。記者を務め1936年政治部長、1940年ニューヨーク支局長、1944年編集局長。 1947年朝日新聞社に在籍したまま熊本県知事選に出馬するも落選した。同年、朝日新聞を退社して日本国憲法成立直後の第23回衆議院議員総選挙で日本社会党から熊本2区から出馬して初当選、衆議院議員を1期務めた。 その後、政治評論家に転身し1957年から始まったTBSの『時事放談』で小汀利得(後に藤原弘達)とホストを務めた。歯に衣着せない毒舌で影響力を誇り、特に保守本流の立場での言動が目立った。 ビートルズ来日の際には日本武道館を会場とすることに対して、小汀とともに反対し彼らを「コジキ芸人」と罵倒した。 1994年12月19日、脳梗塞のため94歳で大往生した。Wikipediaより