おくやみ:森瑤子氏

作家
1993年 7月6日 没 享年52 胃がんにより死去

略歴

森瑤子 (もり ようこ、1940年11月4日-1993年7月6日) は、1980年代に活躍した日本の小説家。本名、伊藤雅代。静岡県伊東市生れ。37歳でデビューしてから52歳で没するまでの短い活動期間に、小説、エッセイ、翻訳など100冊を超える著作を生んだ。作品は20回以上テレビドラマ化されている。
1940年(昭和15年) 11月4日、伊藤三男、喜美枝の長女として静岡県伊東市に生まれる。本名、伊藤雅代。弟1人、妹1人。
1941年(昭和16年) 1歳 父の仕事の関係で、4歳まで中国の張家口に暮らし、終戦直前1945年3月に日本に戻る。
1946年(昭和21年) 6歳 父のすすめでヴァイオリンを学び始める。
1947年(昭和22年) 7歳 祐天寺より下北沢に転居。小学生時代、世界文学全集に親しむ。
1949年(昭和24年) 9歳 この年より1965年まで、母親は、アメリカ合衆国 アメリカ、ドイツ、カンボジアなど世界各国からの留学生を自宅に受け入れた。
Wikipediaより

訃報

1992年(平成4年) 52歳 11月、新潮社より『風と共に去りぬ』の続編『スカーレット』(アレキサンドラ・リプリー著、森瑤子訳)刊行。この仕事のために、ほぼ1年、作家としてのほとんどの精力を注ぎ、翻訳としてできる範囲を問いつつ、作家生命を賭けて翻訳した。夏、アトランタ、スコットランド等『スカーレット』の舞台を取材旅行。旅の途中、数度にわたって胃痛を訴える。『スカーレット』刊行後も、執筆の他、取材、講演会等、………

森瑤子 - Wikipediaより