おくやみ:ハナ肇氏

コメディアン、ドラマー、「ハナ肇とクレージーキャッツ」のリーダー
1993年 9月10日 没 享年63 肝臓がんにより死去

略歴

ハナ 肇(ハナ はじめ、1930年2月9日 - 1993年9月10日)は、日本のドラマー、コメディアン、俳優。コミックバンド「ハナ肇とクレージーキャッツ」のリーダーであり、同バンドのドラマでもある。本名は野々山 定夫(ののやま さだお)。東京府北豊島郡(現在の東京都豊島区)長崎町生まれ、工学院大学土木科中退。 妻は、結婚当時日活のスター女優だった島村葉子。かつて阪神タイガース、埼玉西武ライオンズに在籍した元プロ野球選手の桟原将司は又甥に当たる(ハナの兄が桟原の祖父という関係である)。 幼少・青春期 池袋の水道屋の子供として生まれ、長崎第二国民学校卒業後、家業を継ぐため工学院土木科に通ったが1945年に戦災で学校が焼失。このころ母の実家がある秋田県横手市に米を担ぎに行ったが、帰郷後に急性肺炎となって1945年12月から1946年2月頃まで入院生活を送る。 退院後、1946年から刀根勝美楽団でドラムを担当。松井八郎に目をかけられる。 後の盟友:植木等はこの頃にハナ肇と知り合っていたことを、晩年に出演した『スーダラ伝説 植木等 夢を食べ続けた男』(NHKハイビジョン 2005年11月1日放送)のインタビューにて明かしている。Wikipediaより