おくやみ:大山康晴氏

将棋の棋士、十五世名人
1992年 7月26日 没 享年69 肝臓がんにより死去

略歴

大山 康晴(おおやま やすはる、1923年(大正12年)3月13日 - 1992年(平成4年)7月26日)は、将棋棋士。棋士番号26。木見金治郎門下。主な記録としては、公式タイトル獲得80期(歴代2位)、一般棋戦優勝44回(歴代1位)、通算1433勝(歴代1位)等がある。十五世名人、および、永世十段・永世王位・永世棋聖・永世王将という、5つの永世称号を保持。 日本将棋連盟会長でもあった。弟子には有吉道夫、中田功、行方尚史などがいる。1990年(平成2年)に将棋界初の文化功労者顕彰となった。正四位勲二等瑞宝章を受章。岡山県倉敷市出身で、倉敷市および青森県百石町の名誉市民・名誉町民。 生涯 生い立ち 1923年(大正12年)3月13日、岡山県浅口郡河内町西阿知(現・倉敷市)に生まれる。5歳頃から将棋を覚え始め、才能を注目されて、1935年(昭和10年)に大阪に出て、木見金治郎九段に入門。内弟子となり順調に昇段していった。しかし師匠の木見が数少ない中将棋の指し手で、1938年(昭和13年)は大山も中将棋と囲碁に没頭して昇段できなかった。Wikipediaより