おくやみ:ヘルベルト・フォン・カラヤン氏

オーストリアの指揮者
1989年 7月16日 没 享年81 心不全により死去

略歴

ヘルベルト・フォン・カラヤン(Herbert von Karajan, 1908年4月5日 - 1989年7月16日)は、オーストリアの指揮者。1955年より1989年までベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の終身指揮者・芸術監督を務め、一時期それと同時にウィーン国立歌劇場の総監督やザルツブルク音楽祭の芸術監督などのクラシック音楽界の主要ポストを独占し、多大な影響力を持つに至った。20世紀のクラシック音楽界において最も著名な人物のひとりであり、日本では「楽壇の帝王」と称されていた。また、その独自の音楽性と自己演出は「カラヤン美学」と謳われ時代の寵児にもなった。 人物・来歴 カラヤンは1908年にザルツブルク州のザルツブルクで、騎士(Ritter)の子として生まれた。兄のヴォルフガング(1906年-1987年)も後に音楽家になっている。ザルツブルクのモーツァルテウム音楽院とウィーン音楽院で学んだ後、親の買い上げたオーケストラによりザルツブルクでデビュー。ドイツのウルム市立歌劇場の総監督から誘いが来て、1929年に『フィガロの結婚』でオペラ指揮者として脚光を浴び、1934年には同国アーヘン市立歌劇場で音楽監督に就任した。Wikipediaより

訃報

1988年、ドイツの雑誌『デア・シュピーゲル』は、『お金の魔術師』というタイトルでカラヤン批判の特集記事を組んだ。その内容とは、カラヤンの側近がカラヤンとベルリン・フィルの台湾への演奏旅行の条件として法外な出演料と、カラヤンとウィーン・フィルとの演奏フィルムの購入を台湾側に要求した、というものだった。このスキャンダルに加え、カラヤンのベルリンでの演奏回数が減っていたという事情も手伝って、カラヤンへ………

ヘルベルト・フォン・カラヤン - Wikipediaより