おくやみ:安藤満氏

雀士、「亜空間殺法」
2004年 3月27日 没 享年55 食道がんにより死去

略歴

安藤 満(あんどう みつる、1949年3月10日 - 2004年3月27日)は、日本プロ麻雀連盟に所属していた競技麻雀の元プロ雀士(九段)。千葉県出身。 国内屈指の実力派プロであり、「むこうぶち」など麻雀漫画の原案も数多く手がけ、麻雀の普及に努めた。 後進の指導にも力を注ぎ、阿部孝則(鳳凰位3連覇)、藤原隆弘、二階堂姉妹らの師として知られる。一方で型破りな面があったことでも知られ、西原理恵子の作品で様々なネタにされている。 初タイトルとなる名人位を奪取した矢先の1989年3月に癌と診断され、以後は癌と闘いながら活動した。2003年秋の天王戦に病身をおして出場し優勝。これが最後の公式戦となった。 2004年3月27日、食道癌のため亡くなった。55歳だった。 雀風 鳴き(チー、ポン、カン)を活用してツモの流れを操る異色のアナログ戦法、「亜空間殺法」を駆使する。当時としては、やや軽視されていた鳴きの重要性を認識させた。「亜空間殺法」が有名なため、常に鳴いているようなイメージを持たれがちだが、本人によれば「亜空間殺法」はツイていないとき、流れが悪いときの戦法であり、配牌やツモの良い時は普通に門前で手を進める。Wikipediaより