おくやみ:天知茂氏

俳優
1985年 7月27日 没 享年54 くも膜下出血により死去

略歴

天知 茂(あまち しげる、1931年〈昭和6年〉3月4日 - 1985年〈昭和60年〉7月27日)は、日本の俳優・歌手。愛知県名古屋市出身。東邦商業学校卒業。本名は臼井 登(うすい のぼる)。別名はペンネームの宇寿木 純と臼井 暢浩。芸名はファンである中日ドラゴンズの天知俊一監督と杉下茂投手が由来。 旗本・水野十郎左衛門の子孫で、高校卒業後、1949年(昭和24年)に松竹へ。大部屋俳優以下の仕出し扱いであった。2年間、通行人などをこなしたが解雇される。 1951年(昭和26年)、第一期新東宝スターレットに選ばれ入社。同期には左幸子・久保菜穂子・高島忠夫・三原葉子・松本朝夫・小笠原弘らがいた。同期の新人が次々と主演に抜擢される中、ここでもほとんど仕出し扱いで、最初の2年間は給料わずか5千円、兄からの仕送りがなければ暮らせなかった。仕出しやちょい役が続いたが、1954年(昭和29年)、蟻プロ制作の低予算映画『恐怖のカービン銃』で初主演。その後も脇役ばかりであったが、大蔵貢が社長に就任すると、経費削減の為、給料の高いスター級の俳優とは契約を打ち切り、脇役俳優に役が回ってきた。Wikipediaより