おくやみ:ボボ・ブラジル氏

プロレスラー
1998年 1月20日 没 享年73 脳梗塞により死去

略歴

ボボ・ブラジル(Bobo Brazil)のリングネームで知られるヒューストン・ハリス(Houston Harris、1924年7月10日 - 1998年1月20日)は、アメリカ合衆国のプロレスラー。ミシガン州ベントンハーバー出身のアフリカ系アメリカ人。日本では「黒い魔神」と呼ばれた。 ちなみにリングネームの「ブラジル」は「人種差別の無いブラジルに行きたい」という子供の頃の夢から。 プロ野球(ニグロリーグ)選手を経て(事実ではないという説もある)、1951年にプロレスラーとしてデビュー。 1957年8月に日本プロレスに初来日。「ココバット」と呼ばれる頭突きで力道山を苦しめた。1966年にバディ・キラー・オースチンを破りWWA世界王座を獲得。1968年6月の来日では防衛記録を積み重ねていたジャイアント馬場を破りインターナショナル・ヘビー級王座を獲得。直後に行われた再戦で、馬場の必殺技「32文ロケット砲」三連発に沈みタイトルを奪回された。 1972年12月に空位となっていたインター王座を「頭突き世界一決定戦」と呼ばれた大木金太郎戦で勝利し、再び獲得した。Wikipediaより