おくやみ:田村隆一氏

詩人
1998年 8月26日 没 享年75 食道がんにより死去

略歴

田村 隆一(たむら りゅういち、1923年(大正12年)3月18日 - 1998年(平成10年)8月26日)は、日本の詩人、随筆家、翻訳家。詩誌『荒地』の創設に参加し、戦後詩に大きな影響を与えた。 来歴・人物 東京府北豊島郡巣鴨村(現在の東京都豊島区南大塚)に生まれる。生家は祖父の代から鳥料理店「鈴むら」を経営していた。東京府立第三商業学校卒業後、東京瓦斯に入社するも1日も出社せず退職した。研数学館での浪人生活を経て、明治大学文芸科を卒業する。 1939年、中桐雅夫編集『ル・バル』に参加する。鮎川信夫、森川義信、衣更着信、三好豊一郎、牧野虚太郎らと知り合う。1947年、鮎川信夫らと『荒地』を創刊する。 1950年より翻訳を開始する。処女訳書はアガサ・クリスティ『三幕の殺人』。その版元であった早川書房に1953年より57年まで勤務、編集と翻訳にあたる。当時の部下だった福島正実、都筑道夫らの回顧文では「有能だが、あまり仕事をしない、風流人」として描かれている。退社後は他の出版社とも仕事をし、数多くの推理小説や絵本を紹介した。Wikipediaより