おくやみ:武原はん氏

地唄舞の舞踊家
1998年 2月5日 没 享年95 心臓麻痺により死去

略歴

武原 はん(たけはら はん、1903年(明治36年)2月4日 - 1998年(平成10年)2月5日)は昭和期に活躍した上方舞の日本舞踊家である。1985年(昭和60年)に日本芸術院会員、1988年(昭和63年)には文化功労者となった。
徳島県徳島市篭屋町に生まれる。12歳で大阪の大和屋芸妓学校に入学し、山村流の上方舞を修行し28歳の時に上京して藤間勘十郎や西川鯉三郎に師事、関西の上方舞を東京に根付かせるのに尽力した。
1952年(昭和27年)からは「舞の会」を続け自ら工夫した豪華な衣装も話題となり、その美しく気品に満ちた舞姿は「動く錦絵」と言われた。特に男に捨てられた寂しい女心を舞う地唄『雪 (地唄) 雪』ははんの代表作となった。
また写経など神仏への信心も深く、俳句と文章を高浜虚子に学んだ。俳号は”はん女”。
Wikipediaより