おくやみ:大泉滉氏

俳優
1998年 4月23日 没 享年73 肺がんにより死去

略歴

大泉 滉(おおいずみ あきら、1925年1月1日 - 1998年4月23日)は、日本の俳優・声優。身長165cm。体重53kg。左利き。 来歴・人物 日露混血のアナキスト作家大泉黒石の息子として、東京府北豊島郡高田町雑司が谷に生まれる。祖父はロシア皇帝と共に訪日した農家出身の侍従アレクサンドル・ステパノヴィチ・ヤホーヴィチ。大泉自身はアレクサンドル・ステパノヴィチ・ポチャーノフスキーと自称。父の都合により、各地を転々として過ごす。1937年、小学校卒業と共に劇団東童に入り、大泉ポーの芸名で子役として活躍。1940年、日活映画『風の又三郎』の一郎役で映画デビュー。 旧制城西学園中学校を中退し、1946年、文学座に入団。この当時は二枚目俳優として活躍したが、1951年に出演した映画『自由学校』がきっかけでコメディアンに転身。テレビドラマ『モッキンポット氏の後始末』のモッキンポット神父役などで人気を集め、「トンデモハップン」などの流行語を生む。文学座退団後は、映画や当時放送開始されたばかりのテレビでコメディアンぶりを発揮。Wikipediaより