おくやみ:赤木圭一郎氏

映画俳優
1961年 2月21日 没 享年21 事故により死去

略歴

赤木 圭一郎(あかぎ けいいちろう、1939年〈昭和14年〉5月8日 - 1961年〈昭和36年〉2月21日)は、日本の映画俳優。本名、赤塚 親弘(あかつか ちかひろ)。通称、トニー。 生い立ち 東京府麻布区麻布笄町(現在の東京都港区西麻布4丁目)で開業医の家庭に生まれ、後に神奈川県鎌倉市へ疎開。1948年(昭和23年)4月、藤沢市鵠沼に転居する。 栄光学園中学校から藤沢市立鵠沼中学校を経て神奈川県立鎌倉高等学校卒業後、成城大学に入学した(在学中に他界)。 映画界入り 1958年(昭和33年)、日活第4期ニューフェイスとして日活へ入社。石原裕次郎主演の『紅の翼』に本名の「赤塚親弘」名義で群衆の一人としてエキストラ出演し、これが映画デビュー作となった。その西洋的風貌や退廃的な雰囲気がこれまでの日本人俳優にはない個性として評判を呼び、「トニー」の愛称で主人公の弟分や準主役級として出演するようになった。Wikipediaより

訃報

1961年2月14日、日活撮影所内でゴーカートを運転中、鉄扉に激突し、慈恵医大病院に緊急入院。2月21日、前頭骨亀裂骨折に伴う硬膜下出血のため21歳の若さでこの世を去った。死の報せを聞いた石原裕次郎は号泣したという。また死に顔を見た宍戸錠は「まるでハリウッドの俳優ルドルフ・ヴァレンティノのようだった」と言った。演技はあまり上手でなかったともいわれるが、他者には代え難い「華・存在感」を持った、将来を嘱望され………

赤木圭一郎 - Wikipediaより