おくやみ:美ち奴氏

芸者歌手
1996年 5月29日 没 享年78 大腸がんにより死去

略歴

美ち奴(みちやっこ、本名:久保 染子 1917年(大正6年)6月8日 - 1996年(平成8年)5月29日)は昭和時代に活躍した芸者歌手。 美ち奴こと、久保染子は北海道浜頓別に生まれた(通説となっている樺太出身は誤り)。旅回りの役者の父親の影響を受け、幼い頃から芸事に興味を持ち、三味線で身を立てたいと思うようになる。 1931年(昭和6年)、浅草で芸者置屋「美知濃家」を営んでいた親戚を頼って、当初は三味線の修行のために上京した。翌年、親戚が置屋の経営に行き詰まり15歳の染子は「美ち奴」として芸者になる。いつしか浅草の人気芸者となっていた美ち奴は、1933年(昭和8年)、松竹映画「東京音頭」のトーキー部分の撮影に浅草の芸妓衆のひとりとして参加。その甲高い唄声が評判を呼び、当時流行の鶯歌手(芸者出身の歌手)を探していたニットーレコードからスカウトされ、1934年(昭和9年)「さくらおけさ」でレコード歌手としてのデビューを飾る。Wikipediaより

訃報

 浅草のアパートで、ひとり自律神経失調症の再発と闘病する美ち奴の不遇を知った中野弘子は、恩義ある彼女を全面的にサポート。早速、隣室に引っ越して、美ち奴の再起を支えた。昭和40年代のなつメロブームに乗って、東京12チャンネルの「なつかしの歌声」でその衰えぬ美声を披露。テイチクでも往年のヒット曲をステレオで再録音している。病気の再発は繰り返していたため、昭和53年頃を最期にテレビ出演もできなくなり、都内………

美ち奴 - Wikipediaより