おくやみ:護雅夫氏

歴史学者
1996年 12月23日 没 享年75 肺炎により死去

略歴

護 雅夫(もり まさお、1921年3月30日 - 1996年12月23日)は、日本の東洋学者、歴史学者。専攻は古代東洋史(中央アジア・突厥民族研究)。 滋賀県長浜町(現長浜市)生まれ。旧制県立虎姫中学校(現滋賀県立虎姫高等学校)、第三高等学校文科を経て、1941年東京帝国大学文学部東洋史学科入学。1943年広島県江田島の海軍兵学校で予備学生教育を受け、海兵教官としては「国史」を担当した。1945年東京帝国大大学院特別研究生。在学中は和田清、榎一雄から指導を受け、後に講座を引き継いだ。門下生に、森安孝夫、鈴木董などがいる。 1948年北海道大学法文学部助教授、1956年東京大学文学部助教授、1968年同教授。1981年に定年退官。1981年から1991年まで日本大学文理学部教授。この間1966年旧ソ連レニングラード大学(現ロシアサンクトペテルブルク大学)客員教授、1976年トルコイスタンブル大学客員教授、1986年トルコアンカラ大学客員教授。Wikipediaより