おくやみ:藤子・F・不二雄氏

漫画家
1996年 9月23日 没 享年62 肝不全により死去

略歴

藤子・F・不二雄(ふじこ・エフ・ふじお、本名:藤本 弘(ふじもと ひろし)、1933年〈昭和8年〉12月1日 - 1996年〈平成8年〉9月23日)は、日本の漫画家、脚本家。 富山県高岡市定塚町出身。富山県立高岡工芸高等学校電気科卒。安孫子素雄(藤子不二雄Ⓐ)と共に“藤子不二雄”としてコンビを組み、数多くの作品を発表。児童漫画の新時代を築き、第一人者となる。代表作は『ドラえもん』『パーマン』『キテレツ大百科』『エスパー魔美』『21エモン』など。 1951年(昭和26年)、安孫子と共に『毎日小学生新聞』に投稿した「天使の玉ちゃん」が採用され、共に17歳にして漫画家デビューを果たす。製菓会社に就職するが、作業中の不意の事故により漫画が描けなくなることを恐れ3日で退社した。そして自宅で漫画の執筆に専念し、休日は新聞社で働いていた安孫子と合作した。その2年後、安孫子を無理やり誘って上京し、「藤子不二雄」の合作ペンネームでプロ漫画家としての活動を始める。2人は博学博識で、そこから生まれるユニークかつユーモア溢れるアイディアは数知れず、低年齢の子供向け作品を中心として、『オバケのQ太郎』、『パーマン』、『ドラえもん』などの国民的な大ヒット作をいくつも生み出した(二人のコンビとしての活動の詳細については、藤子不二雄の略歴を参照)。Wikipediaより

訃報

1996年9月20日、家族が夕飯の準備を告げるといつもの様に仕事部屋から返事があった。だが呼んでからいつまで経っても来なかったので娘が仕事場へ呼びにいくと、机に向かったまま意識を失っているところを発見される。『ドラえもん のび太のねじ巻き都市冒険記』の最初の数ページ目を自宅の仕事場で描いている最中で、発見された時鉛筆を握ったままだったという。そのまま病院に搬送され、三日後、9月23日午前2時10分に肝不全で………

藤子・F・不二雄 - Wikipediaより