おくやみ:武満徹氏

作曲家
1996年 2月20日 没 享年65 間質性肺炎により死去

略歴

武満 徹(たけみつ とおる、1930年10月8日 - 1996年2月20日)は日本の作曲家。 デビューまで 1930年10月8日に東京本郷区駒込曙町(現 文京区本駒込一丁目)で生まれる。父は鹿児島県川内市(現・薩摩川内市)隈之城町出身で帝国海上保険勤務、祖父の武満義雄は政友会の鹿児島県幹事長を務め、原敬内閣のとき衆議院議員を連続7期17年間務めた。 生後1ヶ月で、父の勤務先である満洲の大連に渡る。1937年、小学校入学のために単身帰国し、東京市本郷区の富士前尋常小学校に入学、7年間にわたって叔父の家に寄留する。叔母は生田流箏曲の師匠であり、初期の習作的な作品『二つの小品』(1949年、未完)には箏の奏法の影響が見られる。この頃に従兄弟からレコードで聴かされたベートーヴェンやメンデルスゾーンなどのクラシック音楽には興味を示さなかったが、その一方で1948年に行われた「新作曲派協会」第2回作品発表会に足を運び、後に作曲を師事する清瀬保二の『ヴァイオリンソナタ第1番』のような、当時としては新しい音楽に感動していたとされる。Wikipediaより