おくやみ:高坂正堯氏

国際政治学者
1996年 5月15日 没 享年62 肝臓がんにより死去

略歴

高坂 正堯(こうさか まさたか、1934年(昭和9年)5月8日 - 1996年(平成8年)5月15日)は日本の国際政治学者、法学博士、元京都大学法学部教授。現実主義の論客としてもよく知られた。見識が広く日本の歴史書なども著した。専門は、国際政治学、ヨーロッパ外交史。 「近代の超克」を唱えた哲学者・高坂正顕の次男。コンパスプロバイダーズL.L.C日本代表、東京都元教育委員並びに経済同友会元幹事で、現在は憲法問題懇談会委員長の高坂節三は実弟。 学歴 1934年(昭和9年)5月8日 - 京都市に生まれる。 1952年(昭和27年) 洛北高校卒業 1957年(昭和32年) 京都大学法学部卒業 1984年(昭和59年) 法学博士(京都大学、学位論文『古典外交の成熟と崩壊』) 研究歴 1957年(昭和32年)4月 - 京都大学法学部助手 1959年(昭和34年)9月 - 同助教授 1960年(昭和35年)9月 - 1962年(昭和37年)9月 ハーバード大学客員研究員 1965年(昭和40年)10月 - 1966年(昭和41年)3月タスマニア大学交換教授 1971年(昭和46年)4月 - 京都大学法学部教授 1973年(昭和48年)1月 - 国際戦略研究所客員研究員 1978年(昭和53年)9月 - 同理事(兼任) 1978年(昭和53年)10月 - 『古典外交の成熟と崩壊』で、第13回吉野作造賞受賞 1986年(昭和61年)4月 - 財団法人平和・安全保障研究所理事長(兼任) 1992年(平成4年)3月 - 同理事長退任 人物像 大学では国際法学者の田岡良一や政治学者の猪木正道に師事。Wikipediaより