おくやみ:大藪春彦氏

作家
1996年 2月26日 没 享年61 肺炎により死去

略歴

大藪 春彦(おおやぶ はるひこ、1935年2月22日 - 1996年2月26日)は、日本の小説家。朝鮮・京城生まれ。高松第一高等学校卒業。早稲田大学教育学部英語英文学科中退。61歳没。 代表作は『野獣死すべし』(伊達邦彦シリーズ)、『蘇える金狼』、『汚れた英雄』など。これらの作品は映画化・テレビドラマ化され、没後10年以上を経ても徳間文庫・光文社文庫などから復刊されている。 デビュー作「野獣死すべし」は江戸川乱歩が推薦人となり1958年『宝石』に掲載され、文壇からも注目された。しかし1960年、「街が眠るとき」、「火制地帯」が海外作品からの盗作と疑われたことを一因に、ミステリ作家の団体他殺クラブを脱会する。1965年、また拳銃不法所持容疑により逮捕される(21日後に釈放)。以後は文壇の動向とは距離を置いた執筆活動を行った。 年表 幼少期 1935年 - 2月22日 京城(ソウル)に生まれる。父は教師。 1935年 - 山形県酒田市に移転。 1941年 - 当時、(「韓国併合ニ関スル条約」に基づき)大日本帝国の領地だった朝鮮半島北部の新義州に移転。Wikipediaより