おくやみ:谷山豊氏

学者、「谷山・志村予想」などの業績
1958年 11月17日 没 享年31 自殺により死去

略歴

谷山 豊(たにやま とよ(ゆたか)、1927年11月12日 - 1958年11月17日)は、日本の数学者。 もともと名前は「とよ」と読むのが正しいものの、「ゆたか」と読み間違える人が多かったので、いつからか自ら「ゆたか」と名乗るようになったという。そのため世界的には「ユタカ・タニヤマ」の名前で知られている。 来歴・人物 埼玉県加須市(旧:騎西町)出身。開業医の家庭に生まれる。旧制浦和高等学校時代に高木貞治の『近世数学史談』を読んで、数学者を志すようになる。 東京大学理学部数学科、大学院、数学科助手を経て、1958年に東京大学助教授に就任。同年、婚約が決まりプリンストン高等研究所から招聘を受けてまもなく、自宅アパート・静山荘で31歳でガス自殺。遺書には — などと綴られている。また谷山の死から半月後、婚約者・鈴木美佐子も彼の後を追うという遺書を残して、12月2日にガス自殺。翌年1月25日、谷山・鈴木両家による「葬婚式」が行われた。 業績にアーベル多様体の高次元化、虚数乗法論。谷山・志村予想(\mathbb{Q}上に定義された全ての楕円曲線はモジュラーである)がある。Wikipediaより