おくやみ:安倍晋太郎氏

政治家
1991年 5月15日 没 享年67 膵臓がんにより死去

略歴

安倍 晋太郎(あべ しんたろう、1924年(大正13年)4月29日 - 1991年(平成3年)5月15日)は、日本の政治家。 衆議院議員、農林大臣、官房長官、通産大臣、外務大臣、自民党国対委員長、自民党政調会長、自民党総務会長、自民党幹事長を歴任。 来歴・人物 衆議院議員の安倍寛の長男。 岳父に内閣総理大臣の岸信介、義理の叔父は内閣総理大臣の佐藤栄作、次男は内閣総理大臣の安倍晋三である。 政界のプリンスと呼ばれ、竹下登、宮澤喜一と並び、ニューリーダーの一人に数えられて将来を嘱望された。派閥の領袖となり、総理総裁を確実視されるまでに至ったが、それを目前にして病死。悲運のプリンスと呼ばれた。 生い立ち 政治家・安倍寛、静子夫妻の長男として東京に生まれる。寛とは、誕生日が同じである。生後間もなく郷里の山口に戻り幼少期を過ごす。山口県大津郡日置村(後に油谷町に分割→現長門市)の安倍家は、江戸時代、大庄屋をつとめ、酒や醤油の醸造を営み、やがて大津郡きっての名家と知られるようになった。Wikipediaより