おくやみ:エンツォ・フェラーリ氏

イタリアの自動車会社フェラーリの創設者
1988年 8月14日 没 享年90 腎不全により死去

略歴

エンツォ・アンゼルモ・フェラーリ(イタリア語: Enzo Anselmo Ferrari 、1898年2月18日 - 1988年8月14日)は、イタリアの自動車会社フェラーリの創設者。F1の名門スクーデリア・フェラーリのオーナーでもあった。 愛称はコメンダトーレ(イタリア共和国功労勲章の勲三等位の名称)。モータースポーツ界の偉人としてオールドマンとも称される。 生涯 生い立ち 1898年モデナの板金工の次男に生まれ、9歳のときに観た地元レースでモータースポーツの魅力を知る。自身は「私はなりたかったものが3つある。1つはオペラ歌手、もう1つはスポーツ記者、そしてレーサーだ」と後年語っており、青年時代に全国スポーツ紙ガゼッタ・デロ・スポルトにサッカー戦評を送ったこともあった。 レーシングドライバーとして 1916年病気で父を、戦争で兄を亡くし、自身も徴兵され第一次世界大戦に参戦するが、肋膜炎で死線をさまよう。Wikipediaより