おくやみ:枢軸サリー氏

「Axis Sally」、ナチスのプロパガンダ放送のアナウンサー
1988年 6月25日 没 享年87 老衰により死去

略歴

枢軸サリー(すうじくサリー、Axis Sally、1900年11月29日 - 1988年6月25日)は、第二次世界大戦にナチス・ドイツによって連合国向けに行われたプロパガンダ放送で、アナウンサーを務めた女性の、連合軍における通称である。本名はミルドレッド・エリザベス・シスク(Mildred Elizabeth Sisk)、あるいはミルドレッド・ギラース(Mildred Gillars)と言い、アメリカ・メイン州ポートランド出身である。 プロフィール ミルドレッドは母の再婚に際して改名し、ニューヨークに移住。女優を夢見てオハイオ・ウェスリアン大学に入学し演劇を学んだが、挫折する。1935年、ドイツ・ベルリンの外国語学校で英語教師を務めた後、ベルリン放送に採用され、ナチス政権が崩壊するまでの間、女優・アナウンサーとしてナチスの宣伝活動に従事した。 その官能的なアナウンスは連合国軍の中でもよく知られた存在となり、彼女に「枢軸サリー」(Axis Sally、女性名である"Sally"には英語で「挑発」「からかい」も意味する)の異名を与えた。Wikipediaより