おくやみ:竹下登氏

政治家、第74代内閣総理大臣
2000年 6月19日 没 享年76 呼吸不全により死去

略歴

竹下 登(たけした のぼる、1924年〈大正13年〉2月26日 - 2000年〈平成12年〉6月19日)は、日本の政治家。位階は正二位。勲等は大勲位。 島根県議会議員(2期)、衆議院議員(14期)、内閣官房長官(第35・38代)、建設大臣(第38代)、大蔵大臣(第84・86・87・90代)、内閣総理大臣(第74代)、自由民主党幹事長、自由民主党総裁(第12代)などを歴任した。 自由民主党の最大派閥であった経世会の創設者。総理大臣としてはふるさと創生1億円、消費税導入などを行った。リクルート事件により総辞職したが、その後も政界に甚大な影響力をほこった。 昭和最後の内閣総理大臣であり、平成改元の際の内閣総理大臣でもある。 来歴・人物 生い立ち 島根県飯石郡掛合村(現・雲南市)に父・竹下勇造、母・唯子の長男として生まれた。竹下家は300年つづいた旧家で、江戸時代には庄屋を務め、幕末の1866年から代々造り酒屋を営んでいる。登は竹下家12代当主である。 1941年(昭和16年)、旧制島根県立松江中学校を卒業する。Wikipediaより