おくやみ:如月小春氏

作家、演出家、エッセイスト
2000年 12月19日 没 享年44 くも膜下出血により死去

略歴

如月 小春(きさらぎ こはる、本名: 楫屋 正子、かじや まさこ、出生名: 伊藤 正子、1956年〈昭和31年〉2月19日 - 2000年〈平成12年〉12月19日)は、日本の劇作家、演出家、エッセイストである。 東京都杉並区出身。東京女子大学文理学部哲学科卒業。 劇作家・演出家として活動し、野田秀樹・渡辺えり子らとともに1980年代の小劇場ブームをリードした。また、エッセイストとしての著作も多く、司会者・コメンテーターなどとしてもテレビにも出演していたほか、アジア女性演劇会議実行委員長・日本ユネスコ国内委員会委員・兵庫県立こども館演劇活動委員・立教大学講師なども歴任した。 小学校時代を中野区の哲学堂公園付近、中学・高校時代を武蔵野市の成蹊中学校・高等学校で過ごし、その間、同校と交換留学制度のあるオーストラリアのニューサウスウェールズ州カウラ高等学校に留学した。Wikipediaより