おくやみ:荒井注氏

俳優お笑い芸人
2000年 2月9日 没 享年71 肝不全により死去

略歴

荒井 注(あらい ちゅう、1928年〈昭和3年〉7月30日 - 2000年〈平成12年〉2月9日)は、日本の俳優、コメディアン。本名、荒井 安雄(あらい やすお)。東京都出身。ドリフでの呼び名は「ハゲ」「ハゲ注」。 立教大学文学部宗教学科中退後、二松學舍大学文学部国文学科卒業。卒業後は脚本家を目指しながら、クレージーウエストのバンドマンを務めていた。二松學舍大学卒業後に教師を務めた事があるとの文献もあるが、真偽は不明である。ただし、教員免許を持っていたのは事実である。 ドリフ時代 1964年、「トリスのおじさんみたいな面白い顔をした奴がいる」との評判を聞きつけたいかりや長介がスカウトして、ザ・ドリフターズに参加。担当楽器はピアノだが、ロカビリーのスリーコードしか弾けなかったという話がある。その一方で、「速弾きを得意とした」(居作昌果)や「一応弾けたが、指が短いために時々半音ずれた」(加藤茶)とも言われている。 いかりや長介の著書には、荒井の背の低さとピアノの演奏力をチェックしなかった事が、失敗だったとある。Wikipediaより