おくやみ:横井軍平氏

任天堂のゲーム開発者
1997年 10月4日 没 享年56 交通事故により死去

略歴

横井 軍平(よこい ぐんぺい、1941年9月10日 - 1997年10月4日)は、日本の技術者、ゲームクリエイター。京都府京都市出身。同志社大学工学部電子工学科卒。 任天堂開発第一部部長として、『ゲーム&ウオッチ』、『ゲームボーイ』、『バーチャルボーイ』等の開発に携わり、宮本茂と並んで任天堂を世界的大企業へと押し上げる原動力となった。 学生時代 小学3年生でOゲージ鉄道模型を買ってもらい、中学2年生でHOゲージに転向、高校生時代に完成させたレイアウト、SPライン(Sはsilk=絹、Pはparasol=傘、絹傘→きぬかさ→衣笠、当時の住所から使ったとのこと)を専門誌『鉄道模型趣味』に投稿し、1958年1月号に掲載されている。Wikipediaより