おくやみ:住井すゑ氏

作家
1997年 6月16日 没 享年95

略歴

住井 すゑ(すみい すえ、1902年1月7日 - 1997年6月16日)は、奈良県出身の小説家。代表作は『橋のない川』で、被差別部落出身ではないが部落差別について取り組んだ。住井 すゑ子名義による著作もある。 夫は編集者・農民文学者の犬田卯。ジャーナリスト・エッセイストの増田れい子は実娘。画家のHATAOは孫であり、その妻は絵本作家の永田萠。 来歴・人物 奈良県磯城郡平野村(現在の田原本町)の生まれ。東京府豊多摩郡杉並町(現在の東京都杉並区)在住を経て、1935年に夫の郷里である茨城県稲敷郡牛久村城中(現在の牛久市城中町)の小川芋銭宅のすぐ近くに転居し、執筆と農作物自給生活の拠点とする。以降60年以上、同所に居住。代表作『橋のない川』を初め、多くは農村で執筆された。 年表 1902年1月7日、奈良県磯城郡平野村満田の富裕な家庭に生まれる。実家は大和木綿の製造業と農業を営んでいた。幼い頃、被差別部落の草履商からたびたび実家に訪問販売を受け、部落問題と出会った。 田原本技芸女学校在学中に「少女世界」等の雑誌に投稿 1919年~1920年、講談社婦人記者 1921年、長編小説『相剋』を出版(住井すゑ子名義)。Wikipediaより