おくやみ:山際淳司氏

作家、翻訳家
1995年 5月29日 没 享年46 胃がんにより死去

略歴

山際 淳司(やまぎわ じゅんじ、本名は犬塚 進、1948年(昭和23年)7月29日 - 1995年(平成7年)5月29日)は日本のノンフィクション作家・小説家・翻訳家。神奈川県横須賀市(現逗子市域)生まれ。 神奈川県立横須賀高等学校、中央大学法学部一部法律学科出身(卒業生か中退者かは定かではない)。大学在学中、『別冊経済評論』1972年5月号に『高石ともやの歌(フォーク)と心(ハート)』と『言語と感性』の2本のルポを発表し文筆活動を開始。前者は「山際淳司」のペンネームで、後者は本名の犬塚進名義で書かれた。犬塚進名義では、『週刊サンケイ』に人物ルポを執筆するなどしていたが、その頃から、独自の視点、詳細な描写、読んで飽きさせない表現などで認められていた。 1980年に発行された文藝春秋の『Sports Graphic Number』の創刊号に、「山際淳司」のペンネームを用いて、『江夏の21球』というノンフィクションを執筆した。Wikipediaより