おくやみ:土井勝氏

料理研究家
1995年 3月7日 没 享年74 肝臓がんにより死去

略歴

土井 勝(どい まさる、1921年1月5日 - 1995年3月7日)は、日本の料理研究家。香川県高松市出身。 生涯 1921年、香川県高松市に生まれた。海軍経理学校卒業後、兵役につく。その後、大阪・堂島の割烹学院に入学、卒業後に助手として勤務。1953年、後の「土井勝料理学校」の母体となる「関西割烹学院」を設立。日本の家庭料理の研究と普及に尽力し、多数の著書を執筆。1953年の試験放送よりテレビ放送に出演。NHK総合テレビの『きょうの料理』や、テレビ朝日の『土井勝の紀文おかずのクッキング』などにも出演し主婦層を中心に手軽に作れる家庭料理を数多く紹介、「おふくろの味」を流行語にした。 関西の家庭料理研究の第一人者として、没後の現在でも広く知れわたった存在である。丁寧で上品な話し方、独特の柔らかい関西イントネーション(共通語にしようとしているが、どうしても出てしまうという意味。関西弁とはまた違う)と微笑を絶やさず、的確なコツで指導していた。土井は幼年期に「母の包丁の音」を楽しく聞いた記憶から、家庭料理に重点を置き、家庭で作られる料理法を追求した。Wikipediaより