おくやみ:橘右近氏

落語家
1995年 7月3日 没 享年92 肺炎により死去

略歴

橘 右近(たちばな うこん、1903年11月18日 - 1995年7月3日)は、東京芝浜松町出身の落語家、橘流寄席文字家元、書家。本名は椙田 兼吉。 家業は庭師だったが継がず、最初は浪曲の吉川小龍の門で龍馬を名乗る。 1922年 - 18歳の時に柳家さくら(後の3代目柳家つばめ)に入門。柳家龍馬で初高座。 1932年 - 師匠であり父の名、柳家さん三と改名。 1939年 - 橘右近と改名。 1946年 - 同じく師匠の名、柳家さくらと改名。 1947年1月 - 橘右近に復名。 1949年4月 - 落語家を廃業し神田立花演芸場楽屋主任と専門の寄席文字の書家専業になる。 1954年11月 - 神田立花演芸場閉場。 1955年8月 - 東宝名人会再開にともない楽屋主任と寄席文字の担当になる。 1965年11月 - 8代目桂文楽の薦めで橘流寄席文字家元になる。 1980年 - 8月一杯で東宝演芸場閉鎖のため楽屋主任と寄席文字担当退任。以後、フリーとなる。 1995年 - 肺炎で死去。 寄席文字の復興 寄席のビラ字(現代風に言えば寄席宣伝ポスターの文字)は江戸期から専門の職人が書いていたが、寄席の件数が減少すると次第に職人がいなくなってしまった。Wikipediaより