おくやみ:山下清氏

画家
1971年 7月12日 没 享年49 脳出血により死去

略歴

山下 清(やました きよし、1922年(大正11年)3月10日 - 1971年(昭和46年)7月12日)は、日本の画家。日本中を放浪していたことで知られている。 幼少期 後遺症による障害 東京府東京市浅草区田中町(現: 東京都台東区日本堤一、二丁目辺り)に、大橋清治・ふじの長男として生まれる。翌年に関東大震災によって田中町一帯が焼失すると、両親の郷里である新潟県の新潟市(現: 中央区)白山に転居する。その2年後の3歳の頃に重い消化不良で命の危険に陥り、一命こそ取り留めたものの、軽い言語障害、知的障害の後遺症を患う。 母の再婚 一家は1926年(大正15年)には浅草に戻ったが、脳出血で父の清治が1932年(昭和7年)に他界すると、母ふじは再婚する。その再婚相手は、小学校(石浜小学校)でいじめられたことを話す清に「刃物で相手を怪我させろ」と唆す養父で、いじめに遭った際に鉛筆削り用の小さなナイフを手に持つようになってしまった清は、同級生に大ケガをさせた事がある。Wikipediaより